ビジネスマッチング

中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業 ビジネスマッチング オンライン商談会2021

令和3年 10月28日(木) 参加費無料

株式会社マリンナノファイバー

[ 一覧に戻る ]

プリンタのアイコン このページを印刷する

企業名 まりんなのふぁいばー
株式会社マリンナノファイバー
資本金 1億5000 万円 従業員数 11 人
代表者役職 代表取締役 代表者名 いふく しんすけ
伊福 伸介
住所 〒680-0945
鳥取県 鳥取市 湖山町南4-101鳥取大学VBL棟4F
ホームページ https://www.marine-nf.com/
会社紹介PR 鳥取県は日本一のカニの水揚げ量を誇る一方で頭を悩ましてきた大量のカニ殻。弊社は廃棄物のカニ殻を有効活用できる画期的な新素材「キチンナノファイバー」の製品を研究開発・製造販売する、鳥取大学発ベンチャー企業です。カニ殻の主成分はキチンという糖質で、きのこにも含まれる馴染みの深い成分です。キチンは創傷被覆材などとして医療現場ですでに使用されています。従来キチンは水に不溶であったため製品化が難しかったが独自の技術により水に均一に分散し製品化しやすくなり、ナノファイバー化により従来のキチンより表面積が大きくなり、より効果を発揮しやすくなった。極細繊維「キチンナノファイバー」にすることで、人々を元気にするたくさんの特徴があることがわかってきました。キチンナノファイバーは緻密な被膜を形成して、高い生体適合性によりしっかり肌に作用し外部からの刺激を守ってくれます。他にも化粧品の添加剤はもちろんのこと食品、医薬品、農業資材、フィルムなどの補強など優れた機能・効果が期待されています。まだまだ秘められたカニ殻のパワーを「キチン」とした学術的根拠に基づいて解き明かし、鳥取発の新素材「キチンナノファイバー」を困っているあなたに届けたい、そして鳥取を元気にしたい。それが私たちの願いです。
業種 その他の製造業(マリン新素材 研究・開発・製造・販売)
業界 医療機器
その他(スキンケア製品)
主要製品
主要技術
鳥取県は日本一のカニの水揚げ量を誇る一方で頭を悩ましてきた大量のカニ殻。廃棄物のカニ殻を有効活用できる画期的な新素材「キチンナノファイバー」。化粧品、食品、医薬品、農業資材、フィルムなど用途別に優れた機能・効果が期待されています。鳥取大学発ベンチャー企業です。
生産形態
受注形態
主要設備等
その他
保有特許・認証取得規格
特記事項
・特許第5186694号 キチンナノファイバーの製造方法、キチンナノファイバーを含む複合材料および塗料組成物、ならびにキトサンナノファイバーの製造方法、キトサンナノファイバーを含む複合材料および塗料・特許第5974407号 キチンナノファイバーまたはキトサンナノファイバーを含む化粧料、入浴剤および医薬組成物【その他】 *化粧品製造業許可証(化粧品一般)取得 *化粧品製造販売業許可証取得 *地域未来牽引企業認定
目的 商品・商材・部品・原材料を販売したい(受注)
販売・提携代理店を探したい
発注内容
(買いたい、調達したい)
受注内容
(商談相手に売りたい、
販売したい)
マリンナノファイバー(部分加水分解キチンナノファイバー)
キチンNF高配合のオリジナルスキンケア製品
・マリンナノファイバースキンケアシリーズ
・カニダノミスキンケアシリーズ
相談・その他
(共同開発・研究など)
商談相手へのPR 従来のキチンは水に不溶であったため商品化が難しかったが独自の技術により「キチンナノファイバー」にすることで水に均一に分散し商品化が可能になった。共同研究の動物実験により多様な驚くほどの生理機能を明らかにしています。例えば肌に対する効果は創傷治癒、皮膚炎の緩和、育毛、保湿、抗菌など、今後さらに優れた機能の効果を活かした商品の開発を進めて販売していきます。
商談相手への希望 百貨店、小売り、看護、介護医療関係、美容理容関係、など

プリンタのアイコン このページを印刷する

[ 一覧に戻る ]

 

このページの先頭へ

トップへ

 
 
中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業
ビジネスマッチング オンライン商談会2021
主 催:中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業実行委員会
事務局:まつえ産業支援センター内
    TEL 0852-60-7101 FAX 0852-25-0300
    〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地テクノアークしまね内
 

©2012 Nakaumi,Shinjiko,Daisen bloc committee.