ビジネスマッチング

中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業 ビジネスマッチング オンライン商談会2021

令和3年 10月28日(木) 参加費無料

国立大学法人島根大学

[ 一覧に戻る ]

プリンタのアイコン このページを印刷する

学校名 こくりつだいがくほうじんしまねだいがく
国立大学法人島根大学
学部学科 次世代たたら協創センター(NEXTA) 研究室名
職名 プロジェクト推進室長 研究者名 みうらてつや
三浦哲也
住所 〒690-8504
島根県 松江市 西川津町1060 次世代たたら協創センター(NEXTA)
シーズ情報URL https://tatara.shimane-u.ac.jp/
研究室PR 2018年11月、島根県の産官学金を挙げて地方創生を推進するビッグプロジェクト「先端金属素材グローバル拠点の創出 −Next Generation TATARA Project−」 がスタートしました。 次世代たたら協創センター(Next Generation Tatara Co-Creation Centre: NEXTA)は、本プロジェクトにおける研究開発と人材育成の中心的な役割を担う施設として、島根大学に設置されました。地域の力を結集し、さらに、国内外の研究機関と連携を密にしながら『先端金属素材の聖地・島根』の創出を目指します。
研究タイトル 金属材料の研究・開発 〜グローバル拠点へ〜
研究概要 「たたら製鉄」は日本で独自に発展した砂鉄と木炭から鋼を作る技術です。1000 年以上の伝統を持ち、日本刀の原料である良質の「玉鋼」を生み出してきました。島根県は「たたら製鉄」が盛んに行われた地域であり、 現在でも、安来地区を中心に金属材料の製造が盛んに行われています。
NEXTAはこの島根の地に歴史と現代の息吹が共存する「次世代たたら文化」を創造することを究極の目標として、 島根県内企業および国内外の研究機関と協同し「航空機用超耐熱合金」や「モーター用アモルファス合金」などの金属系新素材の研究開発を行います。 「たたら製鉄」は、かつて自然との共存を実現していました。NEXTAも人々の生活の利便性・安全を追究しながらも、自然と共存し、環境に親和する技術・製品の開発を目指します。 さらに、研究開発に加え、学生が金属材料に関する理論と実践の両方を学べる環境を構築し、世界トップレベルの研究を通じて先端素材のエキスパートとなる人材の育成を目指します。
産学連携の実績 現在10社前後との共同研究実施中
技術相談
提供可能な技
Pillar 1: 金属材料の微視的構造を視る
原子〜ナノ〜ミクロンスケールの微視的構造は、金属の性質の起源です。NEXTAでは、各種顕微鏡および分析装置を駆使して、複雑な合金の結晶学的特徴を明らかにするとともに、高温、変形、水素イオン照射などの極限環境下での金属材料の微視的ふるまいを解明します。

Pillar 2: 金属材料の強さを測る
材料の強さ、すなわち力学特性は、材料を構成する組織に支配されます。NEXTAでは、金属材料組織解析と組み合わせて、高温や雰囲気等の様々な条件下における材料の変形・破壊過程をミクロ〜マクロにわたるマルチスケールで評価することによって、力学特性発現機構を明らかにします。

Pillar 3: 金属材料を設計する
物理学や数理科学をベースとしたシミュレーション技術、理論的なアプローチで材料開発を推進するとともに、実挙動の検証をおこないます。

Pillar 4: 金属材料を創る
材料物性を最適化するため、鋳造法、焼結法などで材料を製造する技術、圧延・鍛造などの加工や熱処理などの技術を開発します。また、製造過程で発生する有価資源の回収などの環境調和型化学プロセス技術を開発します。
想定される
活用例、応用例
Pillar 1: 金属材料の微視的構造を視る
航空機エンジン材料/高強度鉄鋼材料/耐水素脆化材料

Pillar 2: 金属材料の強さを測る
航空機エンジン材料/発電用ボイラー材料/高強度鉄鋼材料

Pillar 3: 金属材料を設計する
数値解析の援用による材料の強靱化設計

Pillar 4: 金属材料を創る
鋳造、焼結などを用いる新規材料製造・加工技術の開発/リサイクルをはじめとする環境調和型材料プロセスの開発
主要設備 ・マイクロビッカース硬度計 ・全自動多目的X線解析装置 ・赤外集光加熱超高温観察バイオレットレーザー顕微鏡 ・卓上電子顕微鏡 ・高速度カメラシステム ・硬さ試験機 ・プレス機 ・ハイスピードカメラ ・真空凝固シミュレータ― ・動的疲労試験機 ・電子線マイクロアナライザ ・走査型白色干渉顕微鏡 ・ズームマイクロスコープ ・島津研究用真空焼結炉 ・自動研磨装置 ・各種電子顕微鏡
企業への希望 島根大学 次世代たたら協創センター(通称NEXTA)は企業や大学の研究者と学生がいつでも活発な意見交換や研究、情報発信ができるオープンイノベーション拠点です。

〇金属材料に関する原子〜ナノ〜ミクロレベルの組織解析などを行う世界有数の研究機器を揃えています。
〇金属分野の研究者が揃い、また、国内外の研究機関と連携して先端金属材料の研究開発実績を蓄積します。これにより、産学連携の研究を推進します。
〇素材、加工、事業展開までの知識、スキルを有した専門人材を育成するプログラムを構築し、材料工学に特化した教育を実現します。
◆ NEXTAは共同で金属材料研究を行う企業・研究機関をお待ちしています。

プリンタのアイコン このページを印刷する

[ 一覧に戻る ]

 

このページの先頭へ

トップへ

 
 
中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業
ビジネスマッチング オンライン商談会2021
主 催:中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業実行委員会
事務局:まつえ産業支援センター内
    TEL 0852-60-7101 FAX 0852-25-0300
    〒690-0816 島根県松江市北陵町1番地テクノアークしまね内
 

©2012 Nakaumi,Shinjiko,Daisen bloc committee.